男女共に嬉しい効果が得られるスピルリナ

subpage1

スピルリナは、非常に濃い緑色のラセン状の単細胞の微生物であり、30億年以上昔から中南米などに生存していたとされています。
細胞内には、核や葉緑体など複雑な細胞構造を有しておらず、強固な細胞壁の必要性が無く脆弱で壊れ易いので非常に消化吸収が良い健康食品です。スピルリナは、食品と同様に摂取するだけで摂取後120分程度で有益な成分の約95%の栄養素を吸収する事が出来ます。



生物学的利用能の高さが注目されている健康食品です。
スピルリナは、人間の生存不可欠なアミノ酸を含め20種類のアミノ酸やタンパク質、脂質、糖質、ビタミン類、ミネラル類、食物繊維、ポリフェノールなどの栄養素をバランス良く含んでいます。
スピルリナの最も注目される成分はフィコシアニンです。



フィコシアニンは、老化現象を引き起こす活性酸素DDPHラジカルに対して強い抗酸化力を示し美白効果をもたらすだけで無く、体内に蓄積される有害物質に対してはデトックス効果を示します。上に、胃の中で水分を吸収して膨らむ性質を有し食前に摂取する事で食欲を抑制する効果があります。
又、フェニルアラニンは食欲を抑える働きのあるホルモンの分泌促進効果を示し、アルギニンやアラニンなどは脂肪燃焼効果を示す事でコレステロール減少効果や異常脂質の抑制、高血圧の抑制軽減などの生活習慣病予防が得られます。



又、アスパラギン酸が、疲労回復を促進するオルニチン回路の働きを促進する効果も得られ、女性に嬉しい効果だけで無く男性に嬉しい効果も得られる健康食品です。