スピルリナとは藻の一種です

subpage1

スピルリナとは藻の一種であり、長さ約0.3〜0.5mmで濃緑色をしていることが特徴です。
約35億年前から地球上に存在した植物と言われており、環境の変化に適応する能力が非常に高いと言えるでしょう。スピルリナはたんぱく質が豊富に含まれているため、将来の食糧源として注目されていますし、現在では管理された人工池で大量培養されるようになってきています。

日本ではまだあまり見かけないかもしれませんが、アメリカなどではスピルリナの配合された食品などが普通に販売されています。



5大栄養素をバランスよく含まれていますし、消化が良いので子供から高齢者まで幅広く利用することができます。


人間の体はもともと弱アルカリ性なのですが、生活習慣の乱れによって酸性に傾いてしまいます。

OKWaveに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

酸性に傾くことで病気にかかりやすくなりますし、体調を崩しやすくなることもあるため、弱アルカリ性に整えることが大切です。


スピルリナはアルカリ性の性質を持っているため、酸性に傾きがちな人間の体を弱アルカリ性に戻す効果が期待できます。

それによって病気や疲労に強い体へとサポートしてくれるのです。
スピルリナは胃の中で水分を吸収して膨らむ性質を持っており、食事の前に摂取することで食欲を抑制することができますし、食べ過ぎを防止することもできるでしょう。

スーパーフード関連情報を紹介しています。

また、必須アミノ酸による脂肪燃焼効果が期待できますし、摂取することで基礎代謝を高める効果も期待できるのです。